2006年06月17日

ご紹介です

今日はご紹介させていただきたいblogがありますかわいい

わんにゃんタウンキャロママさんが、

「犬を飼いたいと思っている方へ」
上クリック

というblogを作ってくださいました。

これから犬を飼いたいと考えておられる方々に、是非読んでいただきたいblogです。
犬を飼おうと考え始めたとき、その前に少し考えていただきたいことが、順を追って丁寧にとても解りやすく書かれています。
是非足を運んでみてくださいぴかぴか(新しい)

*************************************

犬と共に暮らす生活は、とても潤いに満ちた素敵な生活です。
でも決して楽しいことばかりではありません。
犬にも感情があり、お腹だって空きますし、排尿・排便だってします。
そして今はペットブームによる乱繁殖により、若い頃から遺伝性疾患が見られるコも多くいます。

犬を飼おうと考えたときに先ず頭に浮かぶのはペットショップだと思います。
でもその前に、キャロママさんのblogにも書かれていますが、保健所に持ち込まれ処分されるのを待つコ達、ボランティアさんの元で里親になってくださる方が現れるのを待っているコ達は沢山いるのです。
ペットショップで購入することが決して悪いことだとは思っていません。
ペットショップに今いるコ達だって、もし大きくなって売れ残ればその後の運命はどうなってしまうのか...詳しいことは私には解りませんが、悲しい運命を辿るコも多いのだとは思います。

以前このblogを始めた頃にも書きましたし、サイトの方でも触れていますが、うちのジージョは3歳の時に私のところへ来ました。
初めて犬を飼う私にとって、成犬であったジージョは手も掛からず、たとえ仔犬の頃を知らなくても、成犬であってもとても可愛く、一途に私を慕ってくれるかけがえのない家族となりました。

仔犬は無邪気で可愛いです。
だからこそ、新しい飼い主さんも見つかりやすいです。
犬を飼いたいなと考えたとき、まずペットショップではなく、今里親を待っているコ達も視野にいれて考えてみてください。
決して仔犬から飼ったのでなくても、こちらが本当に愛してあげれば、その愛に犬は応えてくれます。
そして一度信頼した人間を決して裏切りません。
もし家庭犬として生活したことがなかったコでも、トイレの場所を教えるなどの苦労は、仔犬を迎えたとしても同じだと思います。

そして、もう一つ。
もし自家繁殖を考えているのなら、その前に遺伝についても考えてみてください。
自分の飼っている犬の子供が見てみたい、孫を望むような気持ちで、愛犬の血の繋がったコ達を育てていきたい。
そのコを愛しているなら当然な気持ちかもしれません。
それではもし本当に繁殖を考えた場合、3代先まで遡って病気のコがいないか調べることができますか?
今目の前にいるコが元気でも、もし2代前・3代前に病気になったコがいたら、愛犬が産んだ子供達に遺伝性疾患が出ないとは限りません。
それにもし新しい命を生み出さなければ、今新しい家族を待っているコ達に新しい家庭を得る可能性が増えるのです。

続きを読む

ニックネーム ゆり at 22:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする