2006年09月06日

ありがとうございます

皆様、沢山の温かいコメント本当にありがとうございましたm(_ _)m
お返事が遅くなってしまったこと本当にごめんなさい...

そしてその後なかなか更新できずですみませんm(_ _)m
私自身は毎日元気に過ごしております^^
ただ、いきなり現実な世界で忙しすぎなぐらいです(ToT)

ジーが旅立ってもうすぐ一ヶ月。
今でもこれで良かったのかどうか自問自答しています。
きっとこれからもずっと考えつづけていくのでしょうね。
でも自分で決断したこと。
きちんと受け止めて背負っていこうと思います。
それがジーの命の終わりの時間を決めた自分の責任だと思っています。

安楽死という決断をしたことで、私は非難されるかもしれない、コメントなどいただけないかもしれない、そんな事も考えながら、それでもその覚悟でありのままを書かせていただきました。
それなのに、皆様からとっても優しい温かいお言葉をいただいて、心からの感謝の気持ちでいっぱいです。
コメントや書き込みを下さった皆様、メールをくださった皆様、本当に本当にありがとうございましたm(_ _)m
そしてジーのことを愛してくださって本当にありがとうございます!!

あの1週間いろいろな選択を迫られた時、私はすぐには決められず、二転三転しながら様々な事を決めてきました。
その都度、どの道を選んでもきっと後悔すると思います。
正解はないですから。と先生に言われました。
今でも私は、もしあの時1割の可能性にかけてあのまま積極的治療を選択しジーを病院に託していたら、もしかしたら回復したかもしれない。
たとえ自由に動き回れなくても、バリケンごと家に連れて帰ってきて点滴を続けていれば、肺からお水が抜けて回復したかもしれない。
自然にその時が来るまで、ジーは生きていたかったかもしれない。
話はずっと遡って、もし私が離婚して引越しさえしなければ、ジーの心臓も悪くなることはなく、もっとずっと長生きできていたのかもしれない。
そんな事も考えてしまいます。
これが先生の言う後悔なのでしょうね。
もしああしていたら...こうしていたら...きっとこれからずっと考え続けていくのだと思います。
そして私の腕の中で力のなくなっていったジージョの姿が忘れられません。
あの瞬間のなんともいえない後悔、光景を思い出すと胸が締め付けられ涙が出てきます。
でも、悩んで悩んで最終的に自分で下した決断。
悲観ばかりせずにしっかりと受け止めていきたいと思います。

ジーは私にとって初めて迎えたコであり、初めて送ったコでした。
3歳の時に我が家にやって来て、共に過ごしたのは8年とちょっと。
長いといえば長い、でもあっという間の8年間でした。
とてもしぐさが和ませてくれるコだったので、元気な頃からジーがいなくなったときのことを考えただけで悲しくなったし、そんな日が来ることすら信じたくありませんでした。
まだまだ時間は沢山あると思っていた...
もっともっと一緒にいられると思っていた...
でも今別れのその時を迎えて、不思議なほどいつもと変わりなく日常はやってきて日々過ぎていきます。
今はまだジーの生きていたときの写真を見ると涙が出てきてしまったりするのですが、段々と穏やかな思い出になっていってくれるのだと思います。


そんなこんなな一ヶ月、今の私は、仕事にバイトに勉強にと毎日追われながらも、家ではマロンとのんびり過ごし、ジーにお線香をあげて手を合わせながら過ごしています。
最後の何日か、水以外何も口にしようとしなかったジージョ。
あんなに大好きだったウェットなフードさえ食べれなかったジーのために、毎日柔らかフードの御飯もお供えしたりしています。
手を合わせることで故人(犬)は成仏していくといいますが、残された側も救われて気持ちが落ち着いていくのでしょうね^^

今現在日常の私は普通に元気に暮らしていけてるし、マロンだって支えていかないといけないし、ジーのお骨も守っていかなければいけないし、まだまだ頑張っていかないといけませんp(^^)q
日々の生活に追われながらも、休日は楽しい計画を立てたりしながら、
ジーありがとう!又会おうね。
最後にジーに言った言葉を胸に頑張っていきたいと思いますp(^^)q



少し最後の日の思い出話を書かせてください^^
不思議なことがあったんです☆
ジーが逝った最後の日の11日、もうかなり苦しそうだったジージョだったのですが、いつもの大好きだったデカクッションにあがりたがったので乗せてあげました。
その後自分で向きを変えて、我が家の冷蔵庫が置いてある横の壁をじっと見ながら何故か尻尾を振ったんです。
その時ジーの母犬を飼っていた友達が一緒にいたのですが、ソファーにいるときからジージョ、自分を通り越して冷蔵庫の横の壁を見ていたよって。
もしかしたら母犬であるラムちゃんが迎えに来てくれてるのかもしれないねと二人で話したりしてました。
それとももしかしたら去年亡くなった私の父親が迎えにきてくれてたかな。
だからきっとジーは迷わず天国へ行けていると思います^^

そして、先生が来るまでの最後のジーとの時間、ずっとジーを撫でていたのですが、それまであまり傍に寄ってこなかったマロンが、私達と一緒になっていつもジーに遊ぼうってやる時のようにジーの背中をカリカリかいたり、顔を近づけて匂いを嗅いでみたり、マロンなりにもジーとの別れを感じていたのかもしれません。
そんなあの日の光景を思い出すと又涙が出てきてしまうのですが(^^ゞ

なんだかとりとめのない話をつらつらと述べてしまいました(><)



最後に、もう一度。

ジージョをこれまで見守ってくださってありがとうございました!

温かいコメントやメールを本当にありがとうございました!

あの1週間、毎日毎日ジーのために足を運んでくれた友達にありがとう!

電話で話を聞いてくれて、共に泣いてくれた友達にありがとう!

沢山のお花を贈ってくださった方々にありがとうございます!

本当に本当に沢山の感謝の気持ちでいっぱいです!!m(_ _)m

ニックネーム ゆり at 03:47| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする