2006年08月15日

ジージョ

何から書けばいいんだろう...
あまりに突然すぎて、未だに信じられない気持ちでいっぱいです...

8月11日 14時48分 ジージョが虹の橋を渡りました。

5日の夜、お散歩に行こうと家を出る時はいつもと同じでした。
マンションの外へ出た途端ジージョの歩き方がトボトボと元気がなくなり、以前にも散歩途中疲れるとこういうことがあったのでその時は抱っこして散歩を終え、部屋に入って胸を触ってみると心臓の鼓動が早かった。
一晩様子を見て、次の日の朝もう一度確認してみるとやはり鼓動が早いままだったので、友人にすぐに電話をして車で病院へ連れていってもらうことに。
出かける準備をしているとジージョが吐き始め、吐きながら倒れこみ、もう一度友人に電話をして大急ぎで病院に向かいました。
診察を受け、レントゲンを撮影すると肺に水が溜まっているとのこと。
肺水腫です。
そのまま入院となり、その時は肺のお水もきっとすぐに抜けて元気に帰ってくるとばかり思っていました。

月曜日は仕事帰りに面会に行き、その時は状態変わらず。
ただお水がなかなか抜けなくてとのことでした。
肺からお水を抜くのは注射器などで取るのではなく、スポンジが水を吸い込んでいるような状態なので、利尿剤を投与して尿と共に出すしかないそうです。
ただ利尿剤の副作用として、腎不全を起こしてしまう可能性が出てくる恐れがあると説明を受けました。
その日は面会中、私の目の前で御飯を食べ水を飲み、まだ元気な状態でした。

火曜日の朝、病院から職場に電話があり、やはり肺から水が抜けません。夕方又病院へ寄って下さいとのことでした。
ところが2時頃又病院から電話があり、容態が急変しました、なるべく早く病院の方へ来てくださいと言われ、そのまま会社を早退させてもらい大急ぎで病院へ向かいました。
とりあえず先生とは4時に病院でという約束だったので駐車場で時間になるのを待っていると看護士さんが覗きに来ました。
早くこちらへと呼ばれ病院へ入ると、台の上で口から送管をされぐったりと横になっているジージョがいました。
5分程前に飲んだ水を吐き、それが詰まり、心停止したとの事。
涙が止まらず、信じられない思いでその光景を見ていました。
ちゃむにも連絡してすぐに来てもらい、二人で見守る中その時は無事蘇生。
その日先生から受けた説明は、やはり水がなかなか抜けません。稀に水が抜けにくいコがいる。ジージョはそのタイプだということ。
肺から水が抜けて、利尿剤を投与しなくても水が溜まらなくなり、自宅で薬療法が出来る可能性は2割程ですとの事でした。
腎臓よりも心臓を優先で利尿剤をかなり投与しているが、かろうじてジージョの腎臓は頑張ってくれているということなので、そのまま先生にお願いして帰宅しました。
その日沢山の友人がジージョを心配して病院へ駆けつけてくれました。
発作を起こしてそのままという危険が高く、発作を起こすとあっという間なので間に合わない可能性もある。
何かあればすぐに駆けつけるので夜中でも連絡してもらうことになっていたのですが、その日は電話もなく落ち着いているようでした。

職場に連絡して今週いっぱい水・木・金とお休みをもらい、いつでも病院へ駆けつけられるように。
水曜日の朝病院へ行くと、やはり肺から水が抜けません。
このまま治療を続けるか、自宅へ連れて帰るかの選択を聞かれ、夕方まで考えさせてくださいと帰宅。
悩みました...
私は自宅へ連れて帰ることを選択し、夕方お迎えに行きました。
ところがようやくお水が抜け始めたとのこと、僅かな希望の光が見えてきてそれにすがりたくなり、その日もそのままジージョを先生に託して帰宅することにしました。

木曜日の朝病院へ行くと、またお水が溜まり始めました。もうかなりの量の利尿剤を投与しているので、腎臓の方も壊れ始めたとのこと。
水は飲むのですが、何も食べてくれないので体力がありません。
可能性はもう1割程です。
私はもう自宅へ連れて帰ることにしました。
最期の時間を自宅でいつものように過ごさせてあげたい。
逝く時は私の膝の上で...それだけが私の願いでした。
そのままジージョを連れて帰宅。
もうこれで最期かもしれない...本当に沢山の友人がジージョに会いに家へきてくれました。
興奮して心臓の負担になるかもしれない。でもお客さんが、人が大好きだったジージョ。ジージョに会いにみんながきてくれる。みんなに撫でてもらってそれで逝けるならジージョは幸せだと私は考えました。
誰か来るたびに尻尾を振って迎えているジージョ。
まだ歩けるし、自分でトイレにも歩いて行く。
大好きなデカクッションに乗っかったり、ソファーで横になったり...
苦しかったかもしれないけど、自宅でいつもと同じ生活で楽しいと思ってほしい...

金曜日の朝、やはり呼吸の苦しそうなジージョ。
それでもまだ歩けるジージョ。
悩みました。本当に悩みました。
もう一度病院へ連れていって治療を再開するか、このまま最期の時を迎えるか。
もうかなり苦しそうなジージョ。先生に逝く時は眠るようにという可能性もありますか?と聞いた時、それはおそらく無いと言われています。
呼吸困難で苦しんで逝くと、ただあっという間だと。
そして私は働かなくてはいけません。
このまま土日一緒にいれたとしても、月曜日からは仕事に行かなくてはいけません。
その間友人が見てくれると言ってくれましたが、何かあったとき私は間に合わないかもしれない。
もう心臓の弁は片側潰れて動かなくなり、支えている管も何本か切れてしまっている。
あと何日か持ったとして、この苦しい状態が長引くだけ...
逝く時も苦しんで逝く...
もう眠らせてあげたい...
心臓も腎臓も壊れ始めているジージョ。
心臓も腎臓も壊れてしまうと治ることはない。
今持ち直したとしても、もう長くはない。
同じ事を繰り返して苦しい思いをする。
その時が来たとき私は傍にいれないかもしれない。

そして私は一つの選択をしました。
安楽死です。

病院へ連絡したら、今日は午後の休診時間に手術が入っていないので、自宅まで先生が出向いてくださるとのこと。
私はお願いすることにしました。
私が何よりも望んでいたこと、それは逝く時は私の膝の上で...
甘えんぼだったジージョ。抱っこが大好きだったジージョ。
抱きしめながら逝かせてあげたい...

14時過ぎに先生が自宅に来てくださり、14時48分、私の膝の上で眠りながら旅立ちました。

これで良かったのかな...私の選択は間違いだったのかもしれない。
でも、自宅で、赤ちゃん抱っこでジージョの目を見ながらありがとう又会おうねって逝かせてあげられたこと。
それだけは良かったと思っています。
先生が来られた時ジージョを見て、今日明日だったかもしれませんね。
自分の犬でもこの選択をしたかもしれませんと言ってくださったことが救いです。

土曜日にお空に昇っていきました。

今私がこのblogを書いているパソコンの横にジージョのお骨があります。
ジージョ、もう苦しくないね。
ゆっくり眠ってね。
これからジージョの分までマロンが生きていけるよう、マロンを守ってあげてね。

この1週間、毎日毎日沢山の友人がジージョのために何度も足を運んでくれて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ジージョを心配してメールをくれた友人にも本当にありがとう。
みんな、本当に本当にどうもありがとうm(_ _)m

二日間病院に泊り込んでジージョをみていてくれた先生、自宅でという私のわがままを聞いてくださってありがとうございました。
ジージョを見守ってくださった病院の皆様にも本当にありがとうございました。

ジージョは大勢の人に愛されて、本当に幸せなコでした。



私の方はもう大丈夫です。
後悔することも沢山あると思うけど、いくらでも泣けるけど、いつまでもメソメソ寂しがっていたら、ジージョ安心して天国にいけないもんね。
マロンと一緒に頑張っていくからね。

ニックネーム ゆり at 05:52| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゆりさん辛いのにご報告ありがとう。
電話では内容聞いていたんだけど私のほうがパニックで・・

何もできなくてごめんなさい。

私が同じ立場なら私もゆりさんと同じ選択をしたと思います。

これ以上苦しい思いさせたくないって思います。
延命をして少し長く生きられてももしかしたら病院でゆりさんを待てず逝ってしまっていたかも?ならゆりさんのお膝で眠るようにの方がジージョちゃんにとって幸せだったと思いますよ。

ジージョちゃんママが泣いてたら天国にいけないもんね・・

ゆりさんありきたりな言葉しかいえないけど
がんばってくださいね。
Posted by kaori at 2006年08月15日 21:32
忙しさのせいでPCを開ける暇もなく
ジージョちゃんのこと知りませんでした。
今日みゆさんにメールして初めて知り絶句してしまいました。
まだ私の方が気持ちの整理がつかず慰め一つ言えないのですが
ゆりさんのしっかりした気持ち読ませていただいて
安心できました。
ゆりさんの選択は正しかったと私も思います。
マロンちゃんのためにもそして何よりジージョちゃんのために
これからも頑張って前向きに行きましょうね!
Posted by コプリのママ at 2006年08月17日 19:48
ゆりさん
突然の事で、本当にびっくりしました。
でも、ゆりさんがよくよく考えての決断、正しかったと思います。
ジージョちゃんは、ゆりさんに抱かれて、きっと満足して逝ったと思います。
私も苦しい思いだけはさせたくないと思っています。
どこまで?これは本当に難しい問題。
でも、自分を信じましょう。誰よりもジージョちゃんの事を考えているのはゆりさんなのですから。
マロンちゃんは寂しがっていませんか?
マロンちゃんの為にも頑張らなきゃ!
Posted by mami at 2006年08月17日 23:51
頑張ったジージョちゃん・・・
ゆっくり・・安らかに・・・
これからは、マロンちゃんのケアをしてあげてください。。多分・・マロンちゃんの方が寂しいと感じてるに違いありませんから。。
今まで以上に、マロンちゃんに気をつけてあげてください。。
Posted by E子 at 2006年08月18日 09:04
ジージョ、ほんとによく頑張ったよね。
病院で会ったジージョと比べて、おうちに帰ってきてからのジージョは、本当に嬉しそうだった。
私たちがいた時、もしかしたら苦しかったのかもしれないけど、それでも、尻尾振って出迎えてくれたジージョ!
奇跡が起きるんじゃないかとすら、思わせてくれたよ。
きっと、今頃は、妃奈ちゃんたちと走ってるね!
ジーたん、ほんとにおつかれさまm(_”_*)m
ゆりさんが前向きで頑張ってくれてるから、ジージョもきっと安心してると思う!
Posted by みゆ at 2006年08月18日 22:27
ゆりさん、お疲れ様☆
そして、ジーたん、よく頑張ったよね☆
最後まで嬉しそうに接してくれたジーたん☆
本当にカワイイ子だったね(*∩_∩*)
最後の晩にジーたんと一緒にいれた事、
あたしはずっと忘れないよ☆
今頃、ぷなとの思い出もお友達に
話してくれてるかなぁ。。。
そうだといいな♪
最後に1番大好きなゆりママに抱かれたこと、
ジーたんは最高に幸せだったんじゃないかな♪
ジーたん、向こうでも元気いっぱいグイグイお散歩するんだよ(*∩_∩*)
Posted by あみ at 2006年08月19日 12:16
ゆりさん、本当にお疲れ様でした。
いっぱいいっぱい悩んで決断したんだね
ジージョちゃんのことを誰よりもよくわかっているゆりさんが決断したこと。
それはジージョちゃんの気持ちも同じだったと思うよ。
大好きな大好きなゆりさんに抱かれて旅立ててジージョちゃんも幸せだったと思う
ジージョちゃんと妃奈ちゃんはきっとママ自慢大会しているよね

マロンちゃん、ゆりママを頼むね
Posted by 陽子 at 2006年08月19日 13:25
なんだかいろんな思いがこみ上げてきちゃってなかなかコメント書けなかった。
ジージョ・ゆりさんお疲れ様。
出会ってから短い間だったけどジージョの思い出はいっぱい。お散歩の時ひっぱるジージョ簡単に拉致できるジージョ我家の玄関でゆりさんが迎えに来てくれるのをずっと待っていたジージョ。
いろんな表情をみせてくれたお茶目なジージョの事忘れないよ。最後に大好きなゆりさんの腕で旅立てたのはきっとジージョにとって最高に幸せだったと思います。
Posted by ようこりん at 2006年08月19日 22:07
ゆりさん、あの数日間は本当にお互いせいいっぱいだったよね。
ゆりさんともたくさん色々な話をしたよね。
今頃、妃奈とジーたん一緒に遊んでるかなぁ??

電話でも言ったけど
ゆりさんの選択は正しかったと思う。
色々な事を考えて、決断をしたゆりさん。
どんなに辛かったか 私は知っているから
ゆりさんには自信を持って前に進んでほしいって思う。

妃奈もジーたんも最高に幸せな子だったよね♪
Posted by アヤ at 2006年08月21日 02:14
ジージョのこと先週知ってびっくりしました。
なんと言ったらいいか判らずメールもなかなか出来なくて・・・。
大変だったね。でも最後までゆりさんに抱かれて
一生を過ごせたジージョは幸せだったと思うよ。
私も、ゆりさんの家に遊びに行くと全身で甘えてくれるジージョが大好きでした。
思い出すと胸が詰まるけど、ジージョありがとうと心からお礼を言いたいです。

Posted by ちたら at 2006年08月21日 12:59
お返事遅くなってごめんなさいm(_ _)m
そして、温かいコメント本当に本当にありがとうございますm(_ _)m

かおりんへ
私も突然のことに頭がついていってなくて、電話でうまく説明できてなかったかもしれないね...
ごめんね。
でも、かおりんと話せて嬉しかったよ。
お花もありがとうね!
来月是非かおりんにもジージョと会ってもらいたかった。
これで良かったのかいまだに考えるし、これからも考え続けると思うけど、最終的に自分が下した決断。
しっかりと背負っていこうと思ってます。
来月いっぱい話しようね!

コプリのママさんへ
素敵なお花ありがとうございましたm(_ _)m
メールに書いてくださった言葉、とっても心に響きました...
本当にありがとうございます!
ジージョはどうしてほしかったのか、ジー本人に聞ければ良かったけど、最終的に私が決めた選択。しっかり背負っていこうと思ってます。
まだまだ私はマロンのことも守っていかなければいけないので、ジージョの思い出を胸にマロンと共に頑張っていきます!

mamiさんへ
心配かけてしまってごめんなさいm(_ _)m
お花ありがとうございました!
ここのところ次々と悲しいことが続いて、なんだか嘘のような1週間だった...
私がジーのために必ずと望んでいたのは、腕の中で逝かせてあげたいだったので、それだけは後悔しないでいられると思うので大丈夫です。
マロンね、普段はいつもと変わりないんだけど、お散歩のときにマンションの方を振り返り振り返りして進みが悪くなったの。
いつもジーについていくような形で歩いていたから、あれジーがいないってジーを探してるんだろうね...
それがちょっと切ない(:o;)

E子さんへ
イニシャルなのでどなたなのかはっきりとしたことは解りませんが、ジージョへのコメントありがとうございますm(_ _)m
あまりに突然過ぎて自分でも信じられない思いでいっぱいで頭がついていっていませんでしたが、ジージョの思い出を胸にこれからもマロンと頑張っていきたいと思います。

みゆちんへ
電車に乗りなれてないみゆちんなのに、毎日毎日足を運んでくれて本当にありがとうm(_ _)m
お花もありがとうね!
みんなが付いていてくれたからとっても心強かったし、私も強くいることが出来たよ^^
奇跡を信じてくれていたのに、私も信じたかったけど、最終的に自分で下した決断。
しっかり背負っていこうと思ってる。
ジー今頃妃奈ちゃんと楽しく遊んでるかな♪
みんな虹の橋を渡るには早過ぎたけど、虹の国でお友達といっぱい遊んで楽しく過ごしてほしいな^^

あみちゃんへ
1週間本当にどうもありがとうm(_ _)m
お花もありがとうね!
あみちゃんとはいっぱい泣きながら話をしたね。
ジーのために一緒に泣いてくれて考えてくれて本当にありがとう!
最後の日もえりちゃんと二人で泊まってくれてありがとう。
火葬の時もジーを一緒に見送ってくれてありがとう。
なんだかありがとうがいっぱいだ(^^;
ホントみんなにいっぱいいっぱいありがとうだよ!
きっと向こうでもマイペースに歩き回ってるんだろうな(><)

陽子さんへ
素敵なお花ありがとうm(_ _)m
陽子さんも今保護犬を抱えて大変なときなのに、ジーへの心遣いとっても嬉しかったです!
病院でも自宅でも何度もジーに直接問いかけたよ。ジーはどうしたい?って...
ジーが口がきけたら良かったのに...
でも最期のとき腕の中で送れたこと、これだけはジーも満足してくれてると思ってる。
マロンがいてくれて私が救われてる☆
これからもマロンと共に頑張っていくね^^

ようこりんへ
ようこりん、いろいろ本当にありがとうm(_ _)m
お花も沢山ありがとう!
ようこりんにはジーが元気な間も、いっぱいお世話になったね。
そんなようこりんが火葬の時も一緒に送ってくれて、ジーとっても嬉しかったと思う。
これからもいろんな思いが、そして後悔も交錯していくと思うけど、最終的に自分で下した決断。しっかり背負っていこうと思う。
ジーとの思い出の中で、ようこりんと陽菜が一緒に浮かんでくるよ^^

アヤちんへ
アヤちん、お互いいっぱいいっぱいの気持ちの中で、話を聞いてくれてありがとう!
お花もありがとう!
アヤちんといろいろ話せて、とっても勇気が出たし心強かった。
泣きながら話したいろんなこと、ずっと忘れないでいくよ!
妃奈ちゃんに会うの、ジーに先を越されてしまった☆
きっと今頃一緒に楽しく遊んでるね^^

ちたらちゃんへ
コメントありがとう!
突然のことにちたらちゃんも驚いただろうね...
私自身、あまりに突然過ぎて頭がついていっていなかっった。
でも意外にも私わりと落ち着いてるんだ。
ジーの旅立ちへの責任もあるし。
マロンもいるし、私はまだまだ頑張っていかなくてはp(^^)q
心配かけてごめんね。ありがとね!
Posted by ゆり at 2006年08月22日 06:10
ゆりさんご無沙汰しています。
ジージョちゃん、今頃は妃奈ちゃんと元気にママ自慢大会をしていると思います。
我が子を亡くす辛さ、寂しさは・・・上手く言葉では言い表せない思いでしょうね・・・。

私がゆりさんと同じ立場にたたされたらやはり同じ決断をすると思います。
我が子には苦しい思いはさせたくないって思いますもん。
誰よりもジージョちゃんの事を思い、考えてるのはゆりさんですもんね。
ジージョちゃんはママに抱かれて、幸せな子ですね。
ジージョちゃん、ママの事 見守ってあげてね!


Posted by ありすママ at 2006年08月22日 13:43
ありすママさんへ
お返事遅くなってしまってごめんなさいm(_ _)m
コメントありがとうございます!
ありすママさんもついこの間大事な我が子を亡くされてるんですよね...
ありすちゃんも精一杯頑張って、沢山愛されて、たとえ短くてもとってもとっても幸せな犬生でしたよね^^
私の決断はこれで良かったのか、きっとこれからも考えつづけると思います。
でも自分で決めたこと。
悲観ばかりではなくきちんと受け止めていきたいと思っています。
きっと今頃ジージョは、妃奈ちゃんやありすちゃんと一緒に楽しく遊んでいるでしょうね♪
Posted by ゆり at 2006年08月26日 03:24