2007年05月04日

一ヶ月が経ちました。

マロンが虹の橋を渡ってからもう1ヶ月が過ぎました。
マロンはもういないということが、なんだかまだ信じられません。

マロンの死因ははっきりとはわかっていないのですが、おそらく急性膵炎ではないかと思います。
後日治療費の精算で病院へ行った時に、マロンの嘔吐の原因を調べるために、先生が検査に出してくださっていた結果がでてきていました。
急性膵炎の疑いありでした。
腎臓ではなく膵臓・・・
その後ネットで調べてみたら、体重減少、食欲不振。
進行すると下痢、嘔吐から脱水を起こして死に至る危険性あり。
体重減少・・・
2月28日に7.04キロあった体重が、3月13日にいきなり6.42キロになっていて、どうしてあの時、他の病気を疑って検査をお願いしなかったんだろう・・・
腎臓からきているものだとばっかり思ってた・・・
ほぼ毎週のように病院へ行っていたのに・・・
去年の暮れから輸液治療が始まってからは、尿毒症などの病気を併発すると急変してしまうだろうと、ある程度の覚悟はしていたつもりだったのですが、腎臓で逝くのではなく、膵臓で逝かせてしまったことがとても悔しい…
そして気付いてあげられなかったことに申し訳ない思いでいっぱいです。
マロン、気付いてあげられなくてごめんね・・・
一番傍にいた私が気付いてあげなくちゃいけなかったのに・・・
もう取り返しはつかないけど、マロン本当にごめんね・・・

それともう一つ、原因は判らないのですが、脳の方にも影響が出ていたようです。
嘔吐後から、後ろ足にふらつきが見られ、入院中、翌日になってもふらつきがおさまらず、先生から脳の方への異常が見られると言われました。
最後ジーと同じように、肺にお水も溜まってきてしまっていました。

ですので、結局のところの死因ははっきりと判ってはいません。
でも一番の原因は、私は急性膵炎だったのではないかと思っています。

2月から本を読みながら、腎臓に良いという手作り食を作って、それを腎臓サポートのフードに混ぜてあげていました。
腎臓にいいものをと考えていたので、もしかしたら膵臓にはよくなかったのかもしれない。
でも、2歳の時に腎臓病が判ってから、おやつは制限し、ドライの療養食ばかりを食べてきたマロンが、この1ヶ月半ほどは嬉しそうに御飯を食べていました。
うまい具合にドライフードだけペッペッと出しながら(汗)
もしかしたら寿命を縮めてしまったのかもしれないけど、最後に嬉しそうに御飯を食べてもらうことができたから、それはそれでマロンにとっては幸せだったのではないかと、私自身後悔はしていません。

毎日の輸液投与はかなり費用もかかりましたが、どんなにお金がかかったって、ボーナス全部が治療費に消えてしまったとしても、それでも生きていてほしかった。
毎日を元気に過ごしていてほしかった。

今、家に帰ってきた瞬間が一番つらい・・・
鍵を開けるといつも聞こえていたマロンの吠え声がしない・・・
今はまだ家にいるのがつらくて、予定を作って毎日遅く帰ったりしてしまっていますが、そろそろ受け入れなきゃね。
マロンもいつも、私が帰ってくるのを一人で待っていてくれたんだもんね。


突然のことだったにも関わらず、
沢山の友人が、最後にマロンに会いに来てくれました。
本当に本当にありがとうm(_ _)m
お花を送ってくれた友達、メールや電話をくれた友達。
本当に本当にありがとうm(_ _)m
その中で友達が、ゆりさんの仕事の忙しい時期も終わったときで亡くなったのも木曜日だったから、金曜日お休みをもらえば、土日で気持ちの整理もできるし、マロン最後まで頭の良いコだったねと言ってくれました。
本当にそう思います。
確定申告の時期の間は日曜日もバイトに行っていたりして忙しかったのですが、3月15日を過ぎてからは、日曜日や祭日、家にいてマロンと一緒に過ごすことができました。
私自身も、最後の何週間かはマロンとのんびりできる休日を過ごせたことに救われています。
マロン、ありがとね。
ジーがいなくなって、マロンもいなくなって、でも、ママ頑張っていくからね。
今、誰もいなくなってしまった部屋で本当に寂しい・・・
でもね、今はあまりいろんな事を考えず、なるべく元気でいようと、笑っていようと思います。
もうジーともマロンとも会えない・・・
そう考えてしまうと涙が止まらなくなる。
そうやって悲しんでばかりいたら、いつか別れがくるのなら、こんな思いをするのなら、飼わなければ良かったということになってしまう。
でもそれは違うから。
ジーと、マロンと、一緒に過ごした日々は私の宝物。
君達と暮らせて楽しかった。君達のママになれて本当に私は幸せだったよ。
だから私は笑顔でいようと思います。
いつか全てを穏やかな思い出として思い出せる日まで、時には凹んだり、ヤケになったりすることもあるけど、ママは頑張るからね。
虹の橋から見守っていてね!

我が家の仏壇(?)はなんだかとても賑やかになってしまいました(苦笑)
でもジーとマロンとマー君とみんな一緒だからきっと寂しくないよね☆
70504 (1).JPG
沢山のお花を本当にありがとうございました!! m(_ _)m

長くなってしまいましたが、最後まで読んでくださってありがとうございましたm(_ _)m

最後に、たまたまなのですが、マロンが亡くなった後に近所の動物病院のほうから狂犬病の予防接種の案内の葉書が来ていました。
いつもその動物病院からの葉書は、病院で撮ってもらったそのワンちゃんの写真入りで送られてきます。
そのマロンの写真がなんだか笑顔で可愛かったので、今もお骨の傍に置いています。
それがこの写真です。
70504 (2).jpg
とっても素敵な笑顔でしょ^^

ニックネーム ゆり at 23:57| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
併発してる病気に気付かなかった事残念で後悔の思いで一杯かも知れないけど、ゆりさんの手作り食を喜んでマロンちゃん食べてくれたし、仕事の忙しい時期が終わって、二人でゆっくりと過ごしたから心置きなく旅立てたと思います。
欲を言えばもっともっと楽しい時を過ごしたかったかも知れませんが・・・。
ぽっかり穴が明いたようで寂しいと思うけど、ゆりさん頑張ってるのマロンちゃんもジージョちゃんもマーブル君も、きっと見守ってくれてると思います。

ホント上手く伝えられなくて何言ってるんだか(^^;;;って感じだけど、ゆりさん元気そうで本当にヨカッタ

マロンちゃんの笑顔の写真ホント可愛くて素敵ですね(∩.∩)
Posted by ニコchan at 2007年05月06日 22:49
きっと、どんな最期でも、飼い主って悔やんでしまったりするんだろうね。
「あの時、こうしてたら」とかって、思ってしまうものなんだろうね。
けど、マロンは、あんな穏やかな顔だったから、それがすべて語ってるような気がするよ。
寝てるみたいな顔だったもん。
今にも起きそうな顔だったもんね。
安らかな顔だったよ。
苦しむことなく、ゆりさんのそばで逝けたんだから、幸せな最期だったって私は思うよ。
マロンの笑顔の写真、ほんとめちゃくちゃ可愛い♪
Posted by みゆ at 2007年05月06日 23:08
併発していてもきっと私も病院行って採血してるし先生が悪かったら言ってくれる・・って安心しきって気づいていないと思う・・

トライのシェルティ見るたびにマロンちゃんのこと思い出してしまう・・・

最後は大好きなゆりさんに見送られて幸せだったと思うよ。

病院からきたはがきのマロンちゃんすごい笑顔!
すっごいかわいいね〜顔(メロメロ)
Posted by kaori at 2007年05月08日 00:45
マロンのことはKさんから聞いて知ってはいましたが
何と声をかけていいのかわからず、メールもせずにごめんなさいね。

マロンって控えめなコだったよね。
以前ゆりさんちに遊びに行った時、部屋の入り口で
「気になる〜でも知らない人だしドキドキ」って感じで
こちらの様子を伺ってたマロンが勇気を振り絞って(?)
てててーっ!と走り寄り、私の膝にポンと片足をかけ、
またてててーっ!と走り去っていったのが
すんごく可愛くて印象に残ってます。

写真のマロン本当に笑ってるね。
ジージョとマーブル君と一緒にゆりさんのことを
見守ってくれている筈だから。
今はまだつらいだろうけど・・・一緒に暮らした日々を大切に、
ゆりさんに笑顔が戻りますように。
Posted by ちたら at 2007年05月08日 11:23
こんばんは
前にジョージョちゃんが亡くなった時に
お邪魔した事があります。
今日また偶然にお邪魔してビックリしました。
マロンちゃんも・・・。言葉がありません・・・。

お体ご自愛くださいね!
ユリさんの優しさで 虹の向こうで笑顔で過ごしてる
ワンコ達・・・。心からご冥福をお祈りいたします。
Posted by ガンバ・バーバ at 2007年05月08日 23:21
ゆりさん、こんばんは。

こうやってブログに書けたゆりさん、えらいです。
ゆりさんのママだった時間はとってもかけがえのない時間でしたね。
ゆりさん、こころ穏やかにすごしてね。
Posted by たあこ at 2007年05月16日 01:37
しょっちゅう会っているのにブログにはお久しぶりです。マロンの四十九日を終えゆりさんと会う時にもマロンはいないけど今でも雷がなるとマロンの事思っちゃうよ。みんなの心の中にマロンは生きているんだね。長い長い闘病生活&点滴にユリさんもマロンもがんばったね。きっとジージョと今頃仲良く遊んでるよ。
Posted by ようこりん at 2007年05月21日 10:45
コメントありがとうございましたm(_ _)m
お返事遅くなってしまって本当にごめんなさいm(_ _)m

かわいいニコchanさんへ
いつも見守っていて下さって本当にありがとうございますm(_ _)m
ジージョを失って1年経たずにマロンまで逝ってしまって・・・
でも今はなるべく考えないようにしています。
落ち込もうと思えばどこまでも落ちていけるけど、マロンはきっともっと生きたかったと思うし、私がいつまでも悲しむことは望んでないですもんね☆
だからなるべく笑顔でいようと思っていますp(^^)q
いつも本当にありがとうございます!!

かわいいみゆちんへ
いつも本当にありがとう!!
忙しい合間をぬってジーの時にもマロンの時にも会いに来てくれて本当に嬉しかったよ☆
離婚したことでジーにもマロンにも寂しい思いをさせてしまったこと、もし離婚しなければもっと長生きできていたのではないか、いろんな後悔もあるけど、でも私はジーもマロンも手放すことは出来なかったし、最期の瞬間を傍で見送れたことを後悔はしてないから、これからは思い出と共に元気に過ごしていけるよう頑張るよ。
マロンの笑顔、めっちゃ可愛いでしょ♪

かわいいかおりんへ
コメントありがとう!!
去年の秋にかおりんが神奈川に来た時、マロンに会ってもらえてて本当に良かった☆
コプリママんちで図々しくソファーに座ってたマロンを思い出したりするよ^^
ルカちゃんの腎臓の数値下がっててホントに良かった♪
まだまだ若いルカちゃん、マロンの分までこれからもずっと長生きしてもらわなきゃ^^
腎臓は早期発見なら、そのままの状態を維持できるよう頑張れば大丈夫な病気だから、おやつ制限になっちゃうけどかおりんも頑張ってねp(^^)q

かわいいちたらちゃんへ
すっかりご無沙汰しちゃっててごめんねあせあせ(飛び散る汗)
あたしは大丈夫!
とりあえず毎日仕事にも行って頑張ってるから☆
ちたらちゃんもジーやマロンと会ってくれてるんだよね♪
新しい家にも是非遊びに来てもらってマロンと遊んであげてもらいたかったわ(^^ゞ
そのうちご飯か飲みでも行こうね〜♪

かわいいガンバ・バーバさんへ
すっかりご無沙汰してしまっていたのにコメントくださってありがとうございますm(_ _)m
ジーも突然でしたが、マロンまで・・・あまりに突然すぎて自分の感情もまだついていっていないのですが、でもなるべく落ち込まずに元気でいようと思っています☆
泣いてばかりいたら、ジーもマロンも心配しちゃいますもんね(><)
落ち着いたらガンバ・バーバさんのところへも又遊びに行かせてくださいね♪

かわいいたあこさんへ
すっかりご無沙汰してしまっていてごめんなさいm(_ _)m
こうしてコメントくださって本当にありがたく思っています(ToT)
この一年、本当に試練のような年でした。
ジーとマロンを失ったことは、離婚したことよりも何よりもつらくて・・・
でも乗り越えられない試練は神様は与えないというから、ジーとマロンの分までこれからも前向きに頑張っていこうと思いますp(^^)q
今はこれからの人生をどう生きていくかいろいろ考え中という感じです☆
もう少し気持ちが落ち着いたらたあこさんのところへもご挨拶に伺わせていただきますm(_ _)m
本当にありがとうございました!!!

かわいいようこりんへ
ようこりんにはお礼を何度いっても言い尽くせないよ(ToT)
あたしもジーもマロンも、ようこりんがいたから今までやってこれたんだと思う☆
去年の暮れからほぼ毎週のように病院に行ってたのに、毎回車で連れていってくれて本当にありがとうm(_ _)m
すっかりマロンも、陽菜とようこりんになついてたよね^^
カフェではいつもおやつくれってガン見だったもんね(^^ゞ
犬抜きでもこれからもいろいろお世話かけちゃうと思うけど、どうぞよろしくお願いします*^^*
Posted by ゆり at 2007年06月04日 12:51