2007年10月02日

お久しぶりです

コメントのお返事すっかり遅くなってしまっていて、本当にすみませんでしたあせあせ(飛び散る汗)
みなさんのところも読み逃げばかりでホントすみませんあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

最近気付いたのですが、サイトのメールフォームのメール、受信拒否に設定してしまっていたようで、ずっとメールが届かなくなっていたようなんです顔(汗)
もしメールを下さっている方がいらっしゃいましたら、メールが届いておらず...返信もせず...で申し訳ありませんでしたm(_ _)m

夕べは多分21時前にはいつのまにかソファーで眠りこけており、夜中目が覚め眠れなくなってしまったので、明日の仕事は大丈夫なのか...と思いつつ、久しぶりにYURI'S DIARYmixiの方をupしてみました〜かわいい
良かったら覗いてみてくださいませ犬(笑)

ニックネーム ゆり at 04:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

8月11日

8月11日はジージョの命日でした。

ジーへ
ジーがいなくなってもう一年。
早かったな。
でもいろんな事があったよ。
ジーを失ってからの一年間は、ママにとって人生最悪の一年だったような気がするよ。
マロンもね、ジーの後を追うようにそっちにいってしまったよ。
マロンね、ジーがいなくなって一人でお留守番になってしまって、きっと寂しかったんだと思う・・・
今はジーと一緒にいられるようになって安心してるかな。
ジーが引き会わせてくれたマー君も、そっちにいってしまったんだよ。
今頃みんなで一緒に楽しく遊んでるかな。
みんな一緒だから寂しくないよね。

ジー、ママは今でもあの最期の瞬間が忘れられないよ。
私の腕の中で崩れるように力のなくなっていったジー。
後悔はしてないよ。最期の時に苦しんで逝くのならと、私が最期の時間を決めてしまったけど、でも、あれで良かったんだろうかと今でも考えるよ。
ジー、自然にその時がくるまで、ほんとは生きていたかった?
その瞬間まで見守ってあげる時間がなくてごめんね・・・
ジー、お前に会いたいよ。あのプクプクしたお腹に触りたいよ。

でもね、ママ、頑張るからね。
ジーと暮らせて楽しかったから、幸せだったから、だから大丈夫。
ジー、素敵な思い出をありがとう。いつか又きっときっと会おうね。
ニックネーム ゆり at 01:40| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

泣きました顔(泣)

久しぶりに一人で大泣きしちゃいましたあせあせ(飛び散る汗)

皆さんは「虹の橋」の事はご存知ですよね。

「虹の橋」・・・ジーもマロンもマー君も今はそこにいます。

なんとなくで話は知っていてこの言葉を使っていましたが、今日初めてあらためて全文を読んだ気がします。

きっとネットを始めた頃に目にしたことはあったのではないかと思うんだけど、自分の愛犬を亡くした今読んでみると、涙が出てくる・・・出てくる・・・

b-niji.gif
上掲載者:いっけ さんのページへリンクさせていただいています。

いっけさんのHPはこちらです右あきののはら

マロンを亡くしてもう2ヶ月半。
毎日仕事に行き、休日は学校へも通い、友人とも遊び、以前と変わらない毎日を送っていても、でも時々無性に涙が止まらなくなる時がやはりあります。
ジーが急変した1週間のこと、あっという間にマロンが逝ってしまったあの日のこと、迎えるつもりでいたマー君の突然の知らせを受けたお正月の日のこと、考えないようにしていても思い出すと胸が苦しくて苦しくてどうしようもなくなります。

今日虹の橋の話を読んでみて、又涙があふれてきてしまったけど、でも、やっぱり元気でいなきゃって思いました手(グー)

いっけさんのページに「ママ、もう泣かないで」というページへのリンクがあります。
いっけさんが書かれたお話のようなのですが、このお話にもなんだか心が少し救われたような気がしています。

ジー、マロン、マー君、私もいつかそこに行くから
そしたら一緒に虹の橋を渡って、ずっとずっと一緒にいようね^^


かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい


話は変わりますが、先週の金曜日に会社をお休みさせてもらって、平塚にある動物保護センターの講習会を受けてきました。
平塚のセンターでは講習会を受けた方には仔犬の譲渡をしています。
講習会を受ければ処分される犬も引き出せるのですかと聞いてみたのですが、一般の人への成犬の譲渡はしておらず、成犬は専属のボランティア団体の方が引き出しているのでそちらと連絡を取ってくださいと連絡先の紙をくださいました。
何故講習会を受けた人でないと譲渡されないのか。
私は少し疑問に思っていました。
誰も飼う人がいなければ処分されてしまうコ達。
そのコを飼いたいと思うのに、何故すぐに引き出すことができないのか。
でも、それは同じ事を繰り返さないためだそうです。
お話を聞いて、なるほどなと思いました。

講習会の内容は、犬を飼うにあたっての基本的なお話なのですが、私は聞いてよかったです。

センターから引き取る・引き取らないという事とは別でも、犬を飼っている人も、そしてこれから犬を飼おうと思っている人も、いろんな人に一度は受けてみて欲しいと思うお話でした。

センターでの実際にあった話もいろいろと教えて下さいました。

 引越しで飼えなくなった。

 飼い主が亡くなってしまった。

 年末に、「大掃除の一環で連れてきました」と笑って言ったとんでもない飼い主。
 
今はペット可の物件も増えてきています。
どうして一緒に連れていくことができないのでしょう。

いつかは来る別れの日。送るのはとってもつらいけど、ペットを残して自分の方が先に逝ってしまうことの方が怖いことだと思います。
残されたペット達は飼い主がいなくなってしまったら、自分で道を選ぶことはできない。
自分に何かあったとき安心して任せられる人がいるのかどうか。
これは年齢には関係なく、たとえ今自分が若くても、いつ事故などに巻き込まれるか判らないですもんね。

平塚のセンターでは毎月第2・第4金曜日の午前中に講習会が開催されています。

詳しくは調べていないのではっきりしたことは言えないのですが、それぞれのセンターで何かしらのこういった講習会が開催されていると思います。

自分が住んでいる地域の市区町村が所属しているセンターで講習会が開催されているようでしたら、今すぐ飼う・飼わないとは関係なく、是非一度足を運ばれてみてはいかがでしょう。
私も今回講習会を受けてみようと思ったきっかけは、お友達のようこりんがシーズーをセンターから保護して里親探しをしていた事がきっかけでした。
こうしている今も、一度人間に裏切られ、それでも人間を信じ飼い主さんが現れるのを待っているコ達は沢山います。
今消え行く命は沢山あるんです。安易な繁殖などで命を増やさないで・・・

私も今誰もいなくなってしまって、又犬を迎えたい。
でも今の私ではどうしても留守時間が長くなってしまうので、寂しい思いをさせてしまう。
私が寂しいからで飼ってはいけないと、一生懸命我慢しています。
いつか私の気持ちも生活も落ち着いて、そうしたらきっと又、縁の結ばれたコに出会えるはずと信じています。

ニックネーム ゆり at 21:21| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

誕生日バースデー

コメントのお返事、大変遅くなってしまって申し訳ありませんでしたあせあせ(飛び散る汗)
お礼のご挨拶へも伺えていなくて本当にすみませんm(_ _)m

元気に毎日過ごしてはいるんです手(グー)
パソコンにも向かってはいるのですが、なんとなくただぼ〜っと眺めてしまうだけになってしまってもうやだ〜(悲しい顔)
皆さんのblogも通勤途中に携帯から読み逃げさせてもらっちゃったりしてますあせあせ(飛び散る汗)
不精が板についてしまって本当にすみませんふらふら

このサイトを始めたきっかけは、犬と暮らす毎日を綴りたかったから。
大好きなディズニーの思い出を残しておきたかったから。
そんな気持ちで始めたのに、日々の暮らしに追われディズニーにもなかなか行けず、このサイトの主役であったジーもマロンもいなくなってしまいました。
少しづつ写真の整理もしていこうかなと思っているので、これからは思い出を綴らせてくださいねかわいい

犬を通じてお知り合いになれた友達も沢山います。
その方達のワンコとの写真も載せていけたらなと思っています。
去年の暮れからヘルニアで長時間歩くことに不安があったのでディズニーからも遠ざかっていましたが、もう足の方も良くなってきたのでそろそろ又遊びに行けたらなわーい(嬉しい顔)
今は社労士の試験や仕事の事など、これからの自分の身の振り方を少し考え直し始めているので、気持ち的にもう少し落ち着いて復活していけたらなと思います手(グー)

続きを読む
ニックネーム ゆり at 01:09| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

ごめんなさい(汗)

マロンの記事にコメントくださってありがとうございますm(_ _)m
お返事遅くなってしまって本当にごめんなさいm(_ _)m
おでかけなんかもあったりしたのでupしたいことは沢山あるのですが、今ちょっといろいろと考え事なんかがあったりして放置状態でごめんなさいあせあせ(飛び散る汗)
ご挨拶にもいけなくてすみませんあせあせ(飛び散る汗)

でも毎日元気には過ごしていますexclamation×2
コメントのお返事は後日ゆっくりとさせていただきますので、もう少々お待ち下さいm(_ _)m
温かいコメント本当にありがとうございましたm(_ _)m

ニックネーム ゆり at 12:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

一ヶ月が経ちました。

マロンが虹の橋を渡ってからもう1ヶ月が過ぎました。
マロンはもういないということが、なんだかまだ信じられません。

マロンの死因ははっきりとはわかっていないのですが、おそらく急性膵炎ではないかと思います。
後日治療費の精算で病院へ行った時に、マロンの嘔吐の原因を調べるために、先生が検査に出してくださっていた結果がでてきていました。
急性膵炎の疑いありでした。
腎臓ではなく膵臓・・・
その後ネットで調べてみたら、体重減少、食欲不振。
進行すると下痢、嘔吐から脱水を起こして死に至る危険性あり。
体重減少・・・
2月28日に7.04キロあった体重が、3月13日にいきなり6.42キロになっていて、どうしてあの時、他の病気を疑って検査をお願いしなかったんだろう・・・
腎臓からきているものだとばっかり思ってた・・・
ほぼ毎週のように病院へ行っていたのに・・・
去年の暮れから輸液治療が始まってからは、尿毒症などの病気を併発すると急変してしまうだろうと、ある程度の覚悟はしていたつもりだったのですが、腎臓で逝くのではなく、膵臓で逝かせてしまったことがとても悔しい…
そして気付いてあげられなかったことに申し訳ない思いでいっぱいです。
マロン、気付いてあげられなくてごめんね・・・
一番傍にいた私が気付いてあげなくちゃいけなかったのに・・・
もう取り返しはつかないけど、マロン本当にごめんね・・・

それともう一つ、原因は判らないのですが、脳の方にも影響が出ていたようです。
嘔吐後から、後ろ足にふらつきが見られ、入院中、翌日になってもふらつきがおさまらず、先生から脳の方への異常が見られると言われました。
最後ジーと同じように、肺にお水も溜まってきてしまっていました。

ですので、結局のところの死因ははっきりと判ってはいません。
でも一番の原因は、私は急性膵炎だったのではないかと思っています。

2月から本を読みながら、腎臓に良いという手作り食を作って、それを腎臓サポートのフードに混ぜてあげていました。
腎臓にいいものをと考えていたので、もしかしたら膵臓にはよくなかったのかもしれない。
でも、2歳の時に腎臓病が判ってから、おやつは制限し、ドライの療養食ばかりを食べてきたマロンが、この1ヶ月半ほどは嬉しそうに御飯を食べていました。
うまい具合にドライフードだけペッペッと出しながら(汗)
もしかしたら寿命を縮めてしまったのかもしれないけど、最後に嬉しそうに御飯を食べてもらうことができたから、それはそれでマロンにとっては幸せだったのではないかと、私自身後悔はしていません。

毎日の輸液投与はかなり費用もかかりましたが、どんなにお金がかかったって、ボーナス全部が治療費に消えてしまったとしても、それでも生きていてほしかった。
毎日を元気に過ごしていてほしかった。

今、家に帰ってきた瞬間が一番つらい・・・
鍵を開けるといつも聞こえていたマロンの吠え声がしない・・・
今はまだ家にいるのがつらくて、予定を作って毎日遅く帰ったりしてしまっていますが、そろそろ受け入れなきゃね。
マロンもいつも、私が帰ってくるのを一人で待っていてくれたんだもんね。


突然のことだったにも関わらず、
沢山の友人が、最後にマロンに会いに来てくれました。
本当に本当にありがとうm(_ _)m
お花を送ってくれた友達、メールや電話をくれた友達。
本当に本当にありがとうm(_ _)m
その中で友達が、ゆりさんの仕事の忙しい時期も終わったときで亡くなったのも木曜日だったから、金曜日お休みをもらえば、土日で気持ちの整理もできるし、マロン最後まで頭の良いコだったねと言ってくれました。
本当にそう思います。
確定申告の時期の間は日曜日もバイトに行っていたりして忙しかったのですが、3月15日を過ぎてからは、日曜日や祭日、家にいてマロンと一緒に過ごすことができました。
私自身も、最後の何週間かはマロンとのんびりできる休日を過ごせたことに救われています。
マロン、ありがとね。
ジーがいなくなって、マロンもいなくなって、でも、ママ頑張っていくからね。
今、誰もいなくなってしまった部屋で本当に寂しい・・・
でもね、今はあまりいろんな事を考えず、なるべく元気でいようと、笑っていようと思います。
もうジーともマロンとも会えない・・・
そう考えてしまうと涙が止まらなくなる。
そうやって悲しんでばかりいたら、いつか別れがくるのなら、こんな思いをするのなら、飼わなければ良かったということになってしまう。
でもそれは違うから。
ジーと、マロンと、一緒に過ごした日々は私の宝物。
君達と暮らせて楽しかった。君達のママになれて本当に私は幸せだったよ。
だから私は笑顔でいようと思います。
いつか全てを穏やかな思い出として思い出せる日まで、時には凹んだり、ヤケになったりすることもあるけど、ママは頑張るからね。
虹の橋から見守っていてね!

我が家の仏壇(?)はなんだかとても賑やかになってしまいました(苦笑)
でもジーとマロンとマー君とみんな一緒だからきっと寂しくないよね☆
70504 (1).JPG
沢山のお花を本当にありがとうございました!! m(_ _)m

長くなってしまいましたが、最後まで読んでくださってありがとうございましたm(_ _)m

最後に、たまたまなのですが、マロンが亡くなった後に近所の動物病院のほうから狂犬病の予防接種の案内の葉書が来ていました。
いつもその動物病院からの葉書は、病院で撮ってもらったそのワンちゃんの写真入りで送られてきます。
そのマロンの写真がなんだか笑顔で可愛かったので、今もお骨の傍に置いています。
それがこの写真です。
70504 (2).jpg
とっても素敵な笑顔でしょ^^

ニックネーム ゆり at 23:57| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

見つかりました!

↓の記事のゆず君、無事見つかったそうです!

詳しくはCATNAPさんの保護日記をご覧になってくださいませm(_ _)m

ニックネーム ゆり at 22:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

緊急SOSです。ご協力お願いしますm(_ _)m

パピヨン×チワワMixのコが迷子になりました!
緊急で探しています。どうぞご協力よろしくお願いしますm(__)m

yuzu.jpg

失踪場所:さいたま市南区別所6丁目(広範囲をさまよっている可能性有り)
失踪日時:4月6日午後

見た目はパピヨンかチワワのように見えます。
白に茶が混ざった毛で耳が立っています。
赤い首輪(鈴付き)を付けています。
臆病な性格なので追うと逃げる可能性があります。
さいたま市南区別所6丁目で失踪しましたが、
広範囲をさまよっている可能性もあります。
見かけた方、どんな情報でも構いませんのでご連絡ください!
※詳しくはチラシご覧ください。
http://pruu.lolipop.jp/catnap/maigo/001.html

ご協力どうかよろしくお願いします。
ニックネーム ゆり at 19:13| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

マロン

突然のご報告ですが、
3月29日午後6時46分、マロンが虹の橋へ旅立ちました。
27日の火曜日にいつものように血液検査に行った時にはクレアチニンは少し上がっていたものの、他の数値は安定していて安心していたのに・・・
28日の水曜日に仕事から帰宅したら、部屋のいたるところに吐いていて急いで病院へ。
脱水を起こしているということで、その晩は入院。
次の日病院から連絡があり、会社を早退させてもらい急いでかけつけました。

病院に着いた時には少し落ち着いたところだったのですが、18時46分眠るように旅立ちました。

最期の瞬間に傍にいられたこと。
苦しまずに眠るように逝けたこと。
良かったと思っています。
昨年ジージョを亡くし、1年経たずにマロンまで・・・
ジージョの時にはマロンがいるから頑張らなきゃと思えた。
マロンは今の私にとって支えであり全てでした。
誰もいなくなってしまった部屋はとっても広いです・・・

でも私は大丈夫です。
もう仕事にも復帰しています。
ただ詳しいことをご報告するのはもう少々お待ちください...

今までマロンのことを可愛がってくださって本当にありがとうございましたm(_ _)m
素敵なお花を送ってくれたり、最後にマロンに会いにきてくれた友達にもありがとうm(_ _)m
私の事を心配して電話やメールをくれた友達へもありがとうm(_ _)m

マロン、これからはジージョとずっと一緒にいられるね^^
マー君にも会えたかな。
みんなで虹の橋で仲良くね


ニックネーム ゆり at 05:34| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

ご報告です(^-^)

このお話を書こうかどうしようかずっと悩んでいたのですが・・・
それは、結局私は何もしてあげることはできなかったから...
でもやはり、このコがこの世に存在した証として、そして家族の一員として、ジージョやマロンと一緒に私のblogやHP内に存在していてほしかったので、それにはそのいきさつも書くことにしました。

実は我が家に、昨年末もしくは今年の始めに家族がもう一頭増えるはずでした。

そのコとの出会いは偶然里親募集のblogを見かけたことから。
ジージョが旅立って一週間ほど経った時、アセラのblogで里親募集のタイトルを見つけました。
ふと飛んでみると、ジージョによく似た黒白のシーズーのコ。
私の中では、なぜかジージョが引き合わせたような気がしていました。
ジージョが、自分は思いのほか早く逝くことになってしまったけどこのコをみてあげてと言っているような気がして・・・

そのコはCATNAPさんがセンターより保護したコでした。
私は今単身で留守時間が長いし、金銭的にも病気を抱えたマーブル君を迎えることができるのか、ずっと考えていました。
もし里親になりたいと名乗り出てもおそらく条件的に無理であろうと思い、いつも傍にいてくれる飼い主さんが見つかればと毎日blogを覗いていました。
そんな時、たまたまCATNAPさんで預かりをされている方とお友達のようこりんが知り合いだったということで、マーブル君と預かりをされているcotoさんとお会いできる機会ができました。
それが昨年の11月のことです。
お見合いというわけではなく、ただマーブル君を囲む会ということでみんなで御飯でも食べましょうということだったのですが、実際にマーブル君と会い、抱っこして、やはりこのコを私の家族として迎えたいと思い、cotoさんに申し出のメールを送りました。

やはり不安もありました。
クッシングであり、尿路結石も抱えているマーブル君。
昼間仕事があるため留守がちな自分が見ていけるのか。
神経質なマロンが受け入れる事ができるか。
これから腎臓も悪化していくマロンと一緒に、女一人の稼ぎで病気のコを二頭抱えてやっていけるのか。
でも、病院の先生にクッシングのお話を聞き、薬と療養食ならジージョが生きていればかかった費用と同じ。
そして私が決心できたのは、近所に住んでいるお友達のようこりんが、私も第二の母として助けるよと言ってくれたから。
私一人ではやはり無理だったと思います。
ようこりんにはマロンも病院へ連れていってくれたり、いつも本当にお世話になっています。
迷惑をかけていまうことになるかもしれないけど、構わないと言ってくれたようこりんに本当に感謝です。
あとはマロンとの相性だけでした。
もちろんマロンに負担をかけるようならあきらめなくてはと思っていましたが、マーブル君は老犬ということもあり普段はいつも寝ているようなとても大人しいコだったので、ジージョが引き合わせたマーブル君だから大丈夫なのではないかという根拠はないのですがそんな思いでいました。
あともう一つ心配だった尿路結石の方の手術が成功したら我が家でトライアル開始。そんな段取りになっていました。
ところが予期せぬ事態・・・
術後の舌の壊死で食事が取れなくなってしまっていたのですが、少しづつ回復してきていたので、もう少し落ち着いたらトライへという中、2007年1月2日、虹の橋へ旅立ってしまいました・・・

その後預かりさんともお話をさせていただき、遺骨となってしまったけどジージョと一緒に供養させていただきたいとお願いしました。
ただ、四十九日までは魂はこの世に残っているといいます。
この世に魂がいる間は、センターで保護されてからずっと献身的に介護してくれて、沢山の愛情を注いでくれ一緒に過ごした預かりママのcotoさんの傍にいたいだろうということで、cotoさんのお気持ちの整理がつくまでの間、四十九日が過ぎてから我が家へという事になりました。
そして2007年3月10日、正式に譲渡契約を交わし、マーブル君は家族として我が家へやってきました。

70318 (1).jpg

ジーと並んでマー君は我が家にいます。
仕事ももう落ち着いたし、そのうちもう少し大きなテーブルにしようね^^

70318 (2).jpg

マロンのお気に入りの場所のひとつ、テーブルの下。
ジーとマー君とマーちゃんのスリーショット♪

うしろにあるお花やマー君が好きだったおやつもcotoさんが持ってきてくれました。
ありがとう、cotoさん黒ハート

おやつや左にあるお花はようこりんがマー君が来るからって忙しい時間の合間に届けてくれました。
ありがとう、ようこりん黒ハート


cotoさん、マーブル君を私に預けてくださりありがとうございました。
とっても優しくて可愛らしくて素敵なcotoさん。
cotoさんと出会えたこともマー君とジーが引き合わせてくれた縁ですよね。
マー君に会いたいときにはいつでも気軽に我が家へいらしてください。
これからもどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

マーブル君は沢山の方々の応援に支えられてきました。
もしマーブル君にお線香をと思われる方がいらっしゃいましたら、cotoさんにご連絡くだされば、いつでも我が家にいるマーブル君に会いにいらしてあげてください。

マーブル君とcotoさんのblogです下
お星様になったマーブル
マー君とcotoさんが頑張ってきた記録ですぴかぴか(新しい)

ただ・・・一つだけ・・・
みんなでお会いした時のblogなどで私のことを綺麗なお姉さんと書いてくださっているのですが、私は綺麗なお姉さんではありませんよ〜あせあせ(飛び散る汗)
地味な顔した若作りしてるけど年齢的にはもうおばちゃんの域な人です(笑)

マロンの腎臓も徐々に悪化しつつあるけど、でもきっと、ジーとマー君が守ってくれるよね^^
マー君、3日でもいい、一週間でもいい、一緒に暮らしてみたかったね。
一緒の布団で寝てみたかったね。
きっと私は片側にマロン、片側にマーブルで、両手に幸せな重みを感じながらぐっすりだったろうね。
結局私は何もしてあげられなくてごめんね...
一緒に暮らすことはできなかったけど、これからよろしくね^^
虹の橋でジーと仲良くね犬(笑)


左のプロフィール欄にマーブル君も追加しました。
写真はcotoさんのページからお借りしましたm(_ _)m
近いうちにHP内の家族のページにもマー君を載せたいと思っています。
そして、やっとジーのプロフィールにも旅立ちのことを書くことができました。
今までジーの死を認めたくない思いもあり、どのページの家族紹介の欄も変える事ができませんでした。
マー君を迎えたことで私の心の中でも一つの区切りがついたように思います。

ニックネーム ゆり at 21:07| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする